2011年08月14日

カリーナたんハァハァ←

 相方ねこまが最近お気に入りのアニメ、『タイガー&バニー』15話を一挙視聴。うむ、面白いなこれ。SFとしての設定はあくまでさらりと、ヒーローものや特撮のスパイスを利かせ、シチュエーションはお約束多目ながら各エピソードに複数のテーマを盛り込んできっちりまとめてある。あえていうなら古い酒を新しい皮袋にちょっとずつ入れてブレンドしたような。
 本筋以外にも、随所に仕込まれた小ネタが製作サイドのコアっぷりを覗かせるのもまた楽しい。例えば本日最終話におけるロボット科学者の名前。ロトワングとは、なんつーマニアック。しかもロボットのデザインは『ウエストワールド』風味で、SFヲタとしては破壊シーンにドキドキさせられちまいましたぜぃ。
 しかし幕切れは、あえて見せないことでホロリとさせる。脚本・演出の仕掛けが上手いな。人気があるのも頷けるというものだ。良作をありがとう、そしてありがとう!
posted by 司葉柾樹 at 00:00| Comment(0) | 特撮・アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]