2012年03月20日

あまざかる ひなからみれば

 かつて『動物のお医者さん』に憧れたとH大獣医学部に押し寄せた受験生を見て、我ら道民は少なからず苦笑した。あのさっぱりした画と軽やかなストーリーの余白がどれほど重い(或いは臭い)現実で埋まっているか、読みきれずに来た子等も多かろうなと。
 『じゃじゃ馬グルーミン★UP!』にもまた然り。つかアレ読んでおいて放牧場を勝手に見に行った馬鹿がいると聞いて始末におえんなと。あれだけしっかりみっちり馬の性質と育成の苦労について語られてるものの、いったい何処を読んでたんだクソだわけがぁッ!

 そうして三度、蝦夷の民が内地の読者を笑おうとして、いや待てこれは誤読曲解のしようが無いぞつか大袈裟に描いてると思われるんじゃないかいいからそのまま真に受けろよ生き物相手の仕事ってなぁ半端じゃ出来ねえよついでにホッカイドーは怖いとこだぞとうんうん頷いたのが『銀の匙 Silver Spoon』。『百姓貴族』もぜひ併せてお読みください、な北海道酪農事情物語である。
 自分の行く末にビジョンをもてないという、中学生としてはごくアリガチな少年が、しかし問題をはらんだ家庭から逃れるために選んだ全寮制の酪農高校での生活。都会ではありえない出来事頻出つか爆出、動物の命を扱う=食う仕事のリアル、もう地に足が着きすぎて、原住民にとってはほぼ意外性の無い話になっている。つか生粋の酪農家生まれの作者がよくぞ余所者視点で描いておられるなと、そっちに感心するぐらいか。鹿を撥ねたぐらいじゃ驚けないもんね、フツー。


 ところで作者・荒川氏といえば『鋼の錬金術師』でメガヒットをかっ飛ばし、その後も『百姓貴族』や本編で読者を沸かせる傍らで二児の母となっておられたとか。マグナ・マーテル的な逞しさにも感服であるめでたやな。
posted by 司葉柾樹 at 00:00| Comment(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]