2012年08月04日

つぶやき:宇宙への道とオールドムービー

ginmantei 暇人\(^o^)/速報 : 【動画あり】宇宙キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! ケネディ宇宙センターがストリートビューで見学できるぞ! http://t.co/qGIhof3j 遺跡もいいけど、これはステキだ。 at 08/04 07:38

ginmantei 1910年版、フランケンシュタイン初映画化!弁士やりてぇな〜>http://t.co/aCwXUIbW at 08/04 08:32

ginmantei こんなものを手軽に観られるなんて凄いことだよなぁ…とパソコン通信時代に遠い目をしてみる。 at 08/04 08:33
posted by 司葉柾樹 at 08:38| Comment(0) | 雑記

2012年07月10日

つぶやき:いつの朝も

ginmantei / 銀鰻亭
牛乳配達の音に目覚め、メールチェックして荷物のコンビニ着を知る朝。寝ている間も世界が動いている、ささやかな感動。おはようございます、今日は上天気。暑くて世界を動かしに出たくありませんごめんなさい。 at 07/10 05:49
posted by 司葉柾樹 at 00:00| Comment(0) | 雑記

2012年07月07日

つぶやき:七夕の一日

ginmantei 時ならぬ時間に目覚め、退屈しのぎに『アイルー村G』。渡しておいた植物の苗を見に行ったら、ぐねぐね動いて煙を吐き出す毒々しい花が咲いてた。フロム・ソフトウェアの技術力がこんなところに!(ヴァーダイトの「お花ちゃん」を思い出してコントローラ操作を過つ一瞬) at 07/07 06:59

ginmantei ピクシーのゴール以来の感動だぜ…>イエローカードをもらったデビッド・ベッカムの反則行為が「スゴすぎる!!」と絶賛の嵐!! | コモンポスト http://t.co/r0HJ1aKR @common_postさんから at 07/07 07:28

ginmantei 今、スイスの奥さんがカエルターナー使ってたぞ!どこで買ったんだよ。マーナすげえ。 #知っとこ at 07/07 09:07

ginmantei 【七夕の短冊】―[  そ ろ そ ろ 本 気 を 出 す  銀鰻亭  ] http://t.co/NMqeCrd3 明日あたり か ら      ね at 07/07 10:28

ginmantei ニポンノ アサゴハーン RT @hirotsu162: 遅い朝飯 http://t.co/UHDDRiTH at 07/07 11:56

ginmantei ガイ・フォークス面の集団が黙々と清掃活動。シュールでよろしい、実によろしい。>RT at 07/07 14:06

ginmantei 保冷剤とか冷却スプレーとか、そこらで補給するのよスネーク(笑)いやマジでお気をつけて。 RT @uncleRAU: 夕張着いた。熱い。暑い。団扇を持ってくるのを忘れたのが痛恨。確かエゾコン2のときもそんなことを思ったような。 at 07/07 16:02

ginmantei あまとうのチョコパフェとあんみつの間で揺れ動く昼下がり at 07/07 16:03

ginmantei @uncleRAU 事前に知っていたらご神体(黒くてでかくて四角いの)建立に行きたかったなあw レポ楽しみにしてます。 at 07/07 18:58

ginmantei @nekoma_55 気をつけて帰りなされ at 07/07 20:24

ginmantei 五代前の津軽の半農 #お前らバックに誰付いてんの at 07/07 21:29

ginmantei 銀鰻亭は短冊にとても控えめな字でこう書きました。『もっと変態になれますように』 #negitoruru http://t.co/gQzQP1M5 頂点を目指す at 07/07 21:30
posted by 司葉柾樹 at 00:00| Comment(0) | 雑記

2012年06月25日

つぶやき:地球で最後の

ginmantei R.I.P(合掌)>ロンサム・ジョージ死ぬ=推定100歳のガラパゴスゾウガメ(時事通信) - Y!ニュース http://t.co/c7sI43Vg at 06/25 14:49

ginmantei ジョージが独りぼっちであることを認識し孤独を感じていた可能性は高くないけれど、そうしてしまった責任を共有する能力のある我々はそうすべきだと思うんだ、うん。 at 06/25 14:52
posted by 司葉柾樹 at 00:00| Comment(0) | 雑記

2012年06月12日

つぶやき:それからラムが…

ginmantei あのディア■スティーニがトラファルガー海戦の旗艦ヴィクトリーをキット化するそうな。燃えるぜ!と拳を握る傍ら「甲板に死んだネルソン提督置いていいかなウヒヒ」と思うギャグ魂を如何にせん。 at 06/11 17:36

ginmantei @zoffy_22 揺れますよね!適当に汚し入れたら物凄くカッコ良くなりそうです! もちろん甲板には死んだネルソn←もういい at 06/11 17:55

ginmantei 樽に詰まった提督と、その周囲で酒盛りする船員ですね、オッケー!(揮発説もありますが、こっちのが楽しい) RT @yamu_: @ginmantei いいですなー。海好き・器械好きとしてはリスペクトせざるを得ない!>週刊帆船旗艦 どうせなら、ラム酒の樽でもいいかも>提督 at 06/12 06:34
posted by 司葉柾樹 at 00:00| Comment(0) | 雑記

2012年06月11日

つぶやき:通り魔事件雑感

ginmantei なーにが「自殺したかったから死刑になろうと思って」だ。2人程度じゃ死刑にならないと計算ずくだろコイツ。だから3人目を狙わず、最初のターゲットに戻ってる。 at 06/11 16:59

ginmantei ハンムラビ法典ってすばらしい。 at 06/11 16:29

ginmantei もうアレだ、凶悪犯で死刑判決下りたヤツについては定員制にしたらどうかな。次にヤバい真似したヤツに死刑判決出たら、トコロテン式にこの世から押し出し。ジンケン屋さんも文句はなかろう。 at 06/11 16:24
posted by 司葉柾樹 at 00:00| Comment(0) | 雑記

2012年06月10日

つぶやき:時間の謎と陶芸と

ginmantei 今日も今日とてゲームの片付け。SS立ち上げて『疾風魔法大作戦』を入れ、おお動く!と感動してたら2時間経過。おかしいなとPSを立ち上げ『SONIC WINGS』を入れ、気付けば1時間経過。ふしぎだなー。 at 06/10 13:25

ginmantei 焼き物だけは全く分からんなあ。名匠の作と言われても「饅頭山盛りにしたら似合いそう」とか「唐揚向けだな」とか思ってしまう。井戸茶碗なんか「あんみつ用」にしか見えないorz at 06/10 20:09
posted by 司葉柾樹 at 00:00| Comment(0) | 雑記

2012年06月09日

つぶやき:梅最中と騒乱

ginmantei 粉っぽいあんこ玉になりますね…orz RT @ariahisaeda: しかし、フニフニすると、取り返しがつかなくなる罠 RT @ginmantei: 相方が「梅最中」を買ってくれたんだが、サイズといい形状といい、猫の肉球に酷似している…>http://t.co/yLvqpmr7 at 06/09 14:58

ginmantei 本日の札幌はYOSAKOI騒乱まっ盛り。交通機関に衣装のまま乗ってる連中が、古代の「竹の子族」そっくりで目を疑ったのはヒミツ。 at 06/09 11:49
posted by 司葉柾樹 at 00:00| Comment(0) | 雑記

2012年02月21日

後始末異聞

 昨年末から続いた親族の後始末に、ようやくひと区切り。手続き中最大の難物と思われた不動産の相続登記を完了させた。もっとも、相続人の間で話がついて、かつ故人の戸籍がきっちり揃っていればほぼ一発…なんだが、とにかく後者が面倒だったのだ。
 日本では、生まれて親の戸籍に入る・結婚して別戸籍になる・引っ越して本籍地を移動させる・離婚する・再婚する・また引っ越して本籍地移動…とかやってると変更前の戸籍が控として元の住所に残るシステムなんだが、死んで相続が発生したとなると、その全てが必要になるわけだ。上の例の場合は、だから6通の「改正原戸籍」がある。んでもってプラス、死亡が記された戸籍。
 これらが自治体をまたいでると、そりゃーもう面倒になる。例えば沖縄生まれで結婚が北海道、家を建てて本籍地にしたのが東京とかだったら、煩わしいなんてもんじゃない。もっとも当方の場合は道内だけで収まってたのでさほどの事はなかったし、手元にある死亡時の戸籍から前の住所を順繰りに辿るのはちょっとした探偵ごっこのようで面白くもあるのだけれど。

 こういう時、本当にネットの発達と有難味が痛感される。たいていの事はググれば一発、そして自治体のウェブサイトで取り寄せ方法を読めば、書式に記入して小為替を用意、後は返信用封筒に切手を貼って送るだけ。
 んでもって登記申請書なんかも全て役所のサイトに揃ってるし、経験者が懇切に解説してくれている個人サイトも枚挙に暇が無い。個別には申し上げませんが、皆様ほんとうにありがとうございました。
posted by 司葉柾樹 at 00:00| Comment(0) | 雑記

2011年10月21日

ニュース雑感(リビア)

 虎と呼ばれた男の末路をTVが報じる朝。群集が昂ぶる感情のままに引き回し射殺したように見える映像は、また同じことを繰り返す予兆にしかならんなぁ。かつて革命後に血の粛清劇がおっ始まったフランス軍が空爆支援し老いた独裁者の退路を断ったというのがまた何とも。ついでに言うならフランスは二次戦後の一時、共同とはいえこの地を支配した国だし、今回の騒動も欧米諸国が率先して手引きしていたからますますモヤつくものがある。
 まあ、地震や津波の後始末もまだ終わらんどころか、原発事故への対処も後手に回りまくっている政府を頂いている身でもつ感想ではないかもしれないけれど。それでも他山の石はそれなりに重いや、ね。
posted by 司葉柾樹 at 00:00| Comment(0) | 雑記

2011年10月20日

めめんともりな秋の夕暮れ

 わが身よにふるながめせしまに、と閨秀歌人は詠ったがその言の葉の正しからずや、先月初の長雨とともに押し寄せたビジーの波に押し流されてどんぶらこしてる間にあれよと日々は流れ去る。ついこの前まで暑さに負けて床に就くのを先送りしていたのが布団恋しく猫と潜るようになり、目覚める朝ごとに涼しい:寒いの比率が微妙になってきた。
 そして今日、出勤途上に豊平橋の上から本年初ホッチャレを見た。
 …川底にでろーんと横たわるシャケを眺めて季節を感じるのは、あまり雅なものではないか。のう小町。←誰

 社用で買い物に出た先で特撮リボルテックの骸骨剣士Ver.2が投売りされてるのを発見、2体保護。や、安かったからであって、決してVer.1を買い損ねた腹いせなんかじゃないんだからねっ!
 とか言いつつ、これで髑髏小町ネタと絡められないかなと考えてる私。…えーと、完全体2人と上半身オンリー2人でコーラス?めっきり陽気な感じになっちゃうんですが。しかもパーカッション付きだよヲイ。

posted by 司葉柾樹 at 00:00| Comment(0) | 雑記

2011年10月10日

ハンクラフィールド若干拡大

 札幌にユザワヤができたというので、ねこまと二人で冷やかしに行く。ひょっとすると日本最大?の手芸用品小売店の上陸ということでそこそこ期待はするものの、ビルのワンフロアなのでさまざまなジャンルがぎゅぎゅっと圧縮されているなというところ。品揃えにおいては地元の老舗のほうが豊富なのだが、複数素材を一度に見渡せるという点ではなかなか使いやすい構造だ。
 そう、私のようなヲタ趣味には向いているといえよう。同じビルの地下にはボークスもあるしな、うひひひ。
 と笑ったら相方にかなり冷たく見られたことだけは気をつけよう。軍資金が減ると戦ができない。桑原桑原。
posted by 司葉柾樹 at 00:00| Comment(0) | 雑記

2011年08月27日

持ち腐れ復活戦

 先週のこと。夏の休暇を利用してせっせと進めた書庫/物置/作業部屋の片付け…というか切り崩し中、邪魔くせーとパッケージを潰して棄てるばかりにしておいたTRPGとゲームブックに、中古市場でそこそこの値がついてるのに後から気付いた。日焼けと埃でガビってるし、どうせ売り物になんかならねーよ…と不貞腐れつつ、小人の情けないところで買取査定をして貰ったのだが。
 連絡メールが来て、引き取って貰えるという。しかも、想定外の値段で。
 絶版になってるものが多かったとはいえ、これにはちょっと驚いた。つか、TRPGが市場としてまだ生きてることにビックリである。どこかの誰かが遊んでくれたら嬉しいな。

 あとはシーズン物の上着類を仕分けてゴミ袋1つ分廃棄。だが恐ろしいことに、まだ本丸(書籍入ダン箱)が聳えているのだった…!あ、工作用の資材も同じぐらいあるかorz


ちなみにこれが持ち腐れリスト。
posted by 司葉柾樹 at 16:52| Comment(0) | 雑記

2011年08月07日

あはれ我等の夏は去ぬめり

 朝5時起床。小一時間で身支度をととのえ、高速バスに乗り込んで千歳の航空自衛隊基地祭へ出撃する。去年はイマイチ天候不良で「飛ぶだけだよ〜ん」の消化不良だったが、今年はばびっ☆と快晴。予想最高気温が30℃を越えてるぜ、コンクリ焼けしてやるぜ!

 今年の目玉は何と言ってもF-4ファントムの帰郷。ガキんちょ時分、先輩に勧められて『ファントム無頼』に読みふけってこの道に入り込んだのだ。そこからホンモノが見たくなって基地見学や航空祭(当時は隊員の家族とヒコーキ馬鹿だけのイベントだったっけ)へついて行ったのは、もう四半世紀以上も前になる。
 見学を機会に、先輩は当時の整備班長さんと結ばれた。結婚式に招いていただき、ミサイルで歯を折った素敵エピソードを聞かされたのは忘れられない。
 そして高校・大学からの旧友・O原(またの名をストロハイム)も戦闘機好きで、毎年このイベントには通っていた。数万人の雑踏の中からこちらを見つけてくる奴が、熱気の中いつもの黒の上下で撮影機材を全身にぶら下げていたのには毎度驚かされたものだ。あいつ、本当に暑くなかったんだろうか。ヒコーキひゃっほーで頭がそっちに回らなかったのかな。きっとそうだ。私もそうだったし(笑)

 それから夏また夏を経て。

 帰ってきたオジロワシのウイングマークは、今日を境に飛ぶことはなくなる。千歳基地の地上展示機として、据え置きになるんだそうだ。
 飛ぶ為に生まれたものも、いつか地上で朽ちていくのは切ない現実だ。
 いいさ、ファントム。毎年会いに来るからな。

 若干メランコリックにそんな事を心中呟きつつ、爆音とハイスピード(除・救助ヘリと政府専用機)を堪能して帰宅の途に着いたとき、雑踏の中にあの頃のO原と瓜二つの人を見た。
 …たぶん、あの頃の我々に似た誰かも、同じ人混みの中にいるに違いない。
posted by 司葉柾樹 at 00:00| Comment(0) | 雑記

2011年06月06日

テレビっ子世に憚る

 TVを購入。東芝REGZAシリーズ、26RE1Sである。外付HDDで録画が可能、使用中のレコーダーが同メーカーのRD-X9だから連動性も高い。これで複数番組が重なっても録り放題だぜきゃっほー!
 問題はいつ観るのかってことだけどな。そういえば島本和彦御大のコミック(『ワンダービット』だっけ?)にも、録画するだけしまくって観ないことに気付いてしまった男の話があったっけ。まあいい、同じ御大が「それはそれ!これはこれ!」「心の棚は広く持て!」といみじくも喝破されておるのだから。ありがたや有難や。←

 というわけで、この7、8年世話になった三菱のフラットブラウン管は本日をもって御役御免と相成った。付喪神になるほど寿命があるものじゃないが、世が世ならTV供養とかするところなのだろうなあ。とりあえず、よく働いてくれたなと埃を払い顔(画面な)を拭って送り出した。お疲れさん。
posted by 司葉柾樹 at 00:00| Comment(0) | 雑記

2011年05月25日

これも西部の掟さぁね。

 いつもの通勤路で、ふわふわ舞い飛ぶものに気付いてペダルを緩める。
 羽根だ。一枚一枚がかなり大きく、模様も入っている。色味からして鳩ではない。何かな…と視線を巡らせたら、歩道の端で鴨が死んでいた。
 でかっ!
 池や川でぷかぷか漂っているのと違って間近で、しかも完全に脱力してでーんと仰向けになってるとものすごく大きく見えるんだなこの鳥。
 首や脚に傷が無く、胴体だけがきれいに空洞化しているところをみると、トビあたりの仕業だろう。隼やカラスには荷が勝ちすぎる、せいぜい鳩や鼠や雀がいいところ…って、全部目撃してるんだよな。ワイルドシティ札幌。

 それにしても、まだ食うところはあるのに残りを放置していったということは、持ち帰る巣が無い…即ちあわれ嫁取りには失敗した独り者ということなのか。

 ちょっと不憫になって空を見上げたが、孤独な捕食者の姿は既に何処にも見当たらなかった。うん、ハードボイルドだぜ。
posted by 司葉柾樹 at 17:59| Comment(0) | 雑記

2011年05月05日

南の島の遠ければ

 買ったどー!

 なにって、ハンモックである。シェスタ気分を味わいたくて、ずっと欲しかったんだ。えへへ。
 ちなみに購入したのはキャンプ用品といえばここ!なモンベルの「バグプルーフ スタンモック」。折りたたみできるハンディタイプの中では無骨で重く(14kg)価格も安いほうではない。去年一度発売されたのだが不具合が見つかって回収&修理がかかったという顛末もあった商品だ。だが、シンプルながら安定性に富んだ構造は大の男がゴロゴロできるサイズの中ではベストだと思うのだ。蚊帳がついてて心置きなく野外でグースカできるというのもいい。
 つーか、昨年のその一件も却って背中を押してくれたかもしれん。自社製品に責任をもってるスタンスって、やはり信頼したくなるよね。

 さっそくチェックを兼ねて寝間でセットアップしてみたら、八畳間が対角線方向に埋まった。家事の邪魔だとねこまに叱られたのはいうまでもない。まあ、極度の乗り物酔いである彼女には絶対に向かないアイテムなのだよな。ついでに今日はヤツの誕生日なのであった。こちとらが新しいオモチャで遊びほうけている場合ではなかったと、そそくさとディナーの用意など整えたのであったよ。もちろんキャンプ用じゃないからな、念のため。
posted by 司葉柾樹 at 00:00| Comment(0) | 雑記

2011年05月01日

ばななんばななん

 相方不在の日曜日。使いを頼まれ近場のスーパーへ出かけたら、駐車場でミニ朝市をやっていた。野菜や果物の他に水のペットボトルが並んでいるのは時節柄か…と苦笑しつつ歩いていたら、凄いものを見つけた。
 バナナ。しかも一房まるごと真っ青。
 当方、青いバナナが大好きである。つか完熟して酸味が無くなると食えない。だというのに果物は糖度マックスでナンボという昨今の風潮あって、滅多な事では青いシャキシャキバナナに巡りあえない。これは天が哀れみ賜うたに相違ないわいと、速攻で購入。\250也、安い!
 …重い。
 つらつら記憶を辿ってみたら、これまで買ったバナナはいかに多くても8本程度。今日のこいつは20本。ぶら下げるとビニール袋が掌に食い込む重量なので、抱えてひーこら帰ってきた。
 いつものようにバナナスタンドにかけてみると、こんなん。

110501_01.jpg


 あまりの異様な存在感に、ぼたんによるチェックも入る。

110501_02.jpg


 サービスしようとこいつを頭に乗せて「プレデター!」とやったら逃げられた。何故だ。

 ちなみに水はあまり売れないようで、店員さんが早々に半分ほどを片付けにかかっていた。ひところ報道に踊らされて買い占めオークションに出してた馬鹿どもはどうなったかね、どうでもいいけど。バナナうめえ。
posted by 司葉柾樹 at 00:00| Comment(0) | 雑記

2011年04月30日

じてんしゃ・あげいん

 本日よりチャリ通再開。昨日乗って帰ったから、正式稼動というところか。ギアを思い切り軽くしてあるので、さっそく膝に来るものが…冬中は毎日30分以上歩いていたのだけど、やはり使う筋肉が違うのだなあ。

 街中に入ると、そこかしこで桜が咲いている。仄白い薄紅いろに、ああ春が来たと実感するのは毎度のことながら不思議だ。数日前から木蓮と辛夷は咲き競っていたけれど、真冬でも咲けそうなしっかりした花弁のせいか季節を思う度合いが低いんだよな。ちなみにこの2種の区別がぱっと見でつけられないんだが、木花咲耶姫様にはお叱りなきよう願っておこう。
posted by 司葉柾樹 at 00:00| Comment(0) | 雑記

2011年04月11日

春熊の危険について(違)

 ねこまと二人、動物園へ行く。空気はまだ冷たいものの、日差しはうららかを通り越していっそ熱いほど。おかげでいろいろな動物が見られた。片翼広げて日光浴のオジロワシ、しどけないポーズで横たわるカンガルー、大の字のニホンザル、丸太のように転がるゴマフアザラシ、家族そろって脚を投げ出し熟睡するシンリンオオカミ…要は皆デレデレだらだら寝ているのであった。緊張感の欠片も無ぇのなキミタチ。
 で、本日の目当て、この3月から公開のホッキョクグマの子もまた然り。園内最奥にあるクマ舎へと、緩いスロープをダラダラ上って着いてみたら、専用の囲いの一番奥で、母子揃って昼寝中であった。うむ、かわいい!

110411_01.jpg


 しかしアレだな、ちっさすぎてこの写真だと母親の一部にしか見えないな(笑)

 園内をあっちへこっちへそぞろ歩き、帰途にはいつも立寄る地元菓子舗のカフェでホットケーキ型エネルギー補給。朝もハヤシライス型とミニパフェ型を補給したのは秘密である。次はピザ型にチャレンジだ!<しつこい

110411_02.jpg
posted by 司葉柾樹 at 00:00| Comment(0) | 雑記